その他

中古車屋への就職を考えてる人へ。元店長が教える仕事内容と特徴!

中古車販売店に勤めようと考えてるあなたへ。

初めに言っておきますが、仕事内容は結構地味であり、自動運転や車の需要が減る動向から未来が明るい業種とは言えません。

ただ!

車屋で学ぶことは他業種にも必ず活きます。

楽しいこともたくさんある仕事なので車好きならやってみて欲しい仕事ですね。

なお、店舗によって違ってくることも多いのでこれから書くことは必ずしもそうとは限りません。

中古車屋の業務体系

まず、車屋が従業員にどういう役割を与え、どういう体制をとっているかを知る必要があります。

車屋によって多種多様で、一概には言えませんが

従業員数が少なく小さい車屋ほど一人一人がやるポジションは多く、
従業員数が多く大きい車屋ほどそれぞれ明確に整備担当、営業担当、外回り担当など分かれている場合が多いです。

自分が車屋で幅広くやりたいのか、一点集中で固定のポジションでやりたいのか考え、参考にするといいでしょう。

もちろん事前にお店にしっかり確認することが大事です。

私は従業員数名の店舗でしたが、店長になるまでは販売、整備(ものによる)、外回り、車の移動、買取の出張査定、店舗の最適化、業者オークションでのリサーチなど、色々やってきました。

オススメは小規模中古車店

小規模の中古車店だと、融通がききやすい点、様々な業務に携われるのがGOOD。

人数が少ないので働きやすいですね。

またこれは社長次第になりますが、真面目に頑張っていると業者オークションを私的に利用させてくれるところも多いです。

私のところも業オクを利用させてもらえました。

好きな車を仕入れ値で買って、遊ぶだけ遊んで飽きたら店や個人で売って利益がだせます。
(これで23歳ながら16台ほど乗り継いできました…)

しっかり店にも利益をだしてあげたらそういったことも許してもらえたりしますね。

大規模中古車店はどうだろう?

融通がききにくくなる点、ポジションが一点集中の固定の場合が多いですが、やはり小さいところよりも会社的には安定してますし、給与や福利厚生もこちらのほうが良いでしょう。

在庫台数もケタが違うので小規模店とは違った経験もできます。

しかしマニュアルなどあったり、ちょっと窮屈な感じはしますね。

これは完全に個人的な見解ですが、

楽しみたい幅広く能力をつけたいなら小規模店
給与や福利厚生の面で安定し一点集中で能力を身につけたいなら大規模店

だと思っています。

各ポジションの仕事内容

店によってだいぶ変わってきますので、参考程度にみてください。

営業・販売担当の仕事内容

当たり前ですがお客に車を販売することがメインになります。

お客に商品の説明をしたり、見積もりやサービス、値引きの交渉、クレーム対応などもこちらでやることになります。

最初に応対してから、購入が決まれば納車時、納車後までお客と付き合うのが営業・販売の特徴です。

お客からすると営業・販売担当が会社の顔になりますし、たくさんのお客とそれぞれいい関係を築くことがとても重要なポジションです。

めちゃくちゃいい経験になるので、別業種でも必ず役立ちます。

しかし、ネットや電話でのお客の対応もある上、これは人次第ですが休みの日に応対することも。

それに人間というのは色々なのがいますので、頭おかしいお客にあたると本当に精神すり減らします。

・会社の顔になるので責任は大きい
・休みや休憩が満足にとれないことも
・やばい客に当たると精神すり減らす
・でも、やっぱり人と話し関係を築くのは楽しい
・多数のお客を相手にするためいい経験になる
・マーケティング力がつく

整備担当の仕事内容

お客の応対は販売担当がやりますので、販売担当から回ってきた整備が主な仕事になります。

整備と言っても多種多様で、簡単なオイル交換等もあればエンジン載せ替えなど大きな仕事をすることもあります。

販売担当や会社次第では少ない時間で無理な仕事を強いられたり、仕事をガンガン送ってきて煽られたりすることもあります。(整備担当でないと所要時間等わかりませんので)

小規模店だとスキルがあれば整備士免許がいらないこともザラですが、大きなところだと必須にしてるところが多いです。

また、会社によりますが激務な上に薄給ということも多いので、やるなら好きでないとやってられないかもしれません。

・激務、薄給なことが多い
・汚れ仕事で体力仕事
・正直好きでないとやってられない
・人手不足なので今現在職には困らない

板金・塗装担当

これは中古車店に所属してるよりも、別の専門店になってる場合が多いです。

車のへこみや傷を治し、塗装までやります。

これは相当技術がでる職業で、もはや職人業です。

少しでも技術が追いついてないと治したところにムラができたり、形や色が少し変だったり、耐久性に問題があったりします。

一人前になるまで相当鍛錬が必要なので、興味がなければあえてやる理由はありません。

なお、”簡易的な板金塗装”くらいはすぐにできるようになりますので、かじっておくといいかもしれません。

・職人業のため一人前になるのに時間がかかる
・そのため興味がなければ目指す理由はない
・出来るようになれば自分で車を治し全塗装もできる
・”簡易的な”板金塗装くらいならすぐ出来るようになる

仕入れ・外回りなど

基本的には社長や上司が担当します。

色々なところ(中古車店、解体屋、部品屋、オークション会場など)に顔を出し付き合いを円滑にしたり部品や車を仕入れたりなど、必要なことをやります。

基本的には下っ端がやることはないので気にしないでいいと思います。

求人を探すには?

コンビニなどにある普通の求人誌もいいのですが、中古車雑誌のほうが豊富にその関連の求人が多いです。

今どきの中古車雑誌はネット展開もしてますので、そのホームページにも求人のタブがあることが多いですね。

なお、小規模の店は人欲しくても求人だしてないこともあるので、求人がでてなかったらコネがあったら使ったり、直談判するのもいいと思います。

小さいところだからこそ柔軟な動きができますので、受け入れてくれることもあります。

終わりに。車好きだとやっぱり楽しい!

やっぱり車が好きだと楽しい仕事です。

どうせ仕事するなら楽しく出来るだけ仕事したいですよね?

自分が好きな車の系統の車屋に入るのが一番楽しく仕事できると思うので、検討してる方はそういう店を探してぜひやってみて欲しい仕事ですね。